社会のことがらドットコム

社会のことがらをできるだけ分かりやすく説明します。

メリットだらけのマイナンバーカード

f:id:gsweets:20211009110712j:image

マイナンバーカードと聞くと、自分と関係ないとか、なんだか面倒くさそう、自分の情報が国に握られるかも知らないというネガティブな感じがしませんか?実は、マイナンバーカードはメリットだらけの便利で素晴らしいカードだったんです。作るのも簡単で、持っていても損はないカード。

今思えば、以前大物有名人が着ぐるみを着て一生懸命テレビでCMをやっていましたよね。政府はそれほど本気なんです。ということで、今回の記事はマイナンバーカードを取り上げたいと思います。この記事を読むとマイナンバーカードのメリットと安全性が分かります。マイナンバーカードへの偏見?もなくなることと思います。

〔もくじ〕
(1)マイナンバーカード各論
(2)マイナンバーカード総論

(1)マイナンバーカード各論

f:id:gsweets:20211009110334j:image

マイナンバーカードの取得によって得られるメリットはたくさんあります。ひとつずつ順をおってお話したいとおもいます。

①最高位の身分証明書が得られる。

みなさんは、身分を証明するときには、何を使っていますか?私は幸いにして自動車運転免許証を持っていますので、もっぱら運転免許証を利用しています。

顔写真もついているし、身分証を求められたら、当たり前のように使っています。

が最近マイナンバーカードを取得してみました。まだ、身分を求められたことはないので使ったことはありませんが遠からず身分証明書の主流になるかもしれません。

他にパスポートや健康保険証も身分証になりますが、パスポートを持ち歩くという人は少数派でしょうし、健康保険証には、何より顔写真がついていません。

地方では免許証を持っている人の割合は多いですが、鉄道網の発達した都内では、免許証を持たない人もいるでしょうし、事情があって持てない人もいるでしょう。

そんな人はマイナンバーカード1枚あればOKなので考えてみて下さい。申請から出来上がるまで1ヶ月くらいかかり、なんと初回の作成費無料。(再発行は800円or1,000円)

ちなみに総務省マイナンバーカードを「最高位の身分証明書」と位置づけています。マイナンバーカードがあれば銀行口座の開設やパスポートの発行も以前より容易になります。

②コンビニで住民票や印鑑登録証明書などを取得できる。

f:id:gsweets:20211009110948j:image

みなさんも大事な昼休みを削ったりわざわざ遅刻や早退をして役所に住民票や印鑑登録証明書を取りに行ったことがありますよね。

これが、マイナンバーカードを持っているとコンビニでゲットできるんです。もう、会社の中抜けをとる必要はないのです。

しかも嬉しいのが土曜・日曜・祝日関係ないということです。更に、更に自治体にもよりますが料金100円引きなんですよ。これは使わない手はありません。

時間も原則として朝の6:30〜夜の23:00までの間やってるんです。出勤前にサクっととって出社することもできますね。

コンビニに行く際にはマイナンバーカードはもちろん取得時に設定した4桁の暗証番号も忘れずに。

③電子申告(確定申告)

f:id:gsweets:20211009111046j:image

主に自営業者、個人事業主がわざわざ税務署に行って確定申告をする必要のないe-taxは以前から始まっていました。ただ、マイナンバーカードを使うとより便利なんです。

マイナンバー読み取り対応のスマートフォンICカードリーダライタを利用してマイナンバーカードを読み取ります。

電子申告では、令和2年度から10万円分減額になった特別控除額が、従来と同じ65万円で控除を受けられます。

この際に必要になるのが、マイナンバーカードです。従来であれば、初めて電子申告を行う人は「電子申告等開始届出書」というものを税務署へ提出し、「利用者識別番号」を取得する必要がありました。

マイナンバーカードがあればこの手続きを省略することができるため、面倒な確定申告を少しでも楽にすることができます。

その上、10万円高い控除を受けられるので、大きなメリットですね。

④健康保険証として使えるように

f:id:gsweets:20211009111126j:image

マイナンバーカードは2021年3月より一部の医療機関や薬局の窓口から健康保険証として使えるようになっています。マイナンバーカードを健康保険証として使うにはマイナポータル(政府によるオンラインサービスを取りまとめたWebサイト)で申請してからなのでご注意を!

⑤運転免許証

f:id:gsweets:20211009111231j:image

今はまだ運転免許証として利用できませんが2024年の実現を目指しています。また、いずれゴールド免許の講習のオンライン化も予定しています。受講者本人確認をどうするかという課題あり。

⑥旧姓を併記できる

社会において旧姓を使用しながら活動する女性が増加している中、様々な活動の場面で旧姓を使用しやすくするようマイナンバーカードには旧姓を併記できるようになりました。ただし、請求手続きが必要になるので注意!

ところで旧姓を併記した身分証明書など他にみあたらないので、働く女性にとっては強みですよね。

また、旧姓時の銀行口座が見つかったときなどは、解約するにあたって名義変更という一手間が省けるかもしれません?

⑦’マイナポイントを受けとれる

f:id:gsweets:20211009111350j:image

すでに申し込みは終了したのですか、2021年4月までにマイナンバーカードの申し込み+マイナポイント付与の申請をして、任意のキャッシュレス決済ex PayPayでお買い物やチャージをするとそのサービスで利用した25%分のポイントをもらえます。(ました?)

例えばPayPayで20,000円分のお買い物をした人20,000×25%=5,000ポイントもらえます。(ました?)マイナポイントの申請はとっくに終わってますが、マイナポイントの対象となる期間は2021年12月です。もし、まだポイントをもらってない人はお急ぎを!

以上がマイナンバーカードのメリットについてのお話でした。次はマイナンバーカード全体についてお話してみたいとおもいます。

(2)マイナンバーカード総論

f:id:gsweets:20211009111507j:image

マイナンバーカードは大人でも、子供でも(赤ちゃんでも)対面でもオンラインでも「最高位の身分証明書」と位置づけられ表面には顔写真、裏面にはICチップがついています。

みなさん誤解している人が多いようですがカードの中には大事な情報は入っていません。マイナンバーカードの中に入っているICチップは例えて言えばいわば「鍵」のようなもの。

ICチップの「鍵」を使って大事な情報にアクセスするのです。なので、カードはただのキーホルダーのようなものにすぎません。

また、マイナンバーカードを無くしたり盗まれたりしたときは慌てる必要はありません。セキュリティー対策は他のカードより万全なカードです。

無くしたときや盗まれたときは、フリーダイヤルで24時間、365日サポートしてくれるんです。(盗まれたときは警察署にも連絡しましょう。)

また、マイナンバーカードから不正に情報を読み取ろうとするとICチップが自動的に壊れるしくみになっています。

f:id:gsweets:20211009111600j:image

ところで、今後マイナンバーカード自体どんどん便利になる予定です。健康保険証の他にいずれは母子手帳お薬手帳と連動する予定になっています。

また、もうすでに図書館の貸し出しカードとなっている自治体もありますし、公務員や民間企業における「職員証」への活用が一部で始まっています。

構想ですが、希望すればマイナンバーカードの機能をスマートフォンで使えるようになりスマートフォンさえあれば24時間365日行政手続きにアクセスしていくことができるよう、めざしています。(総務省は令和4年度内にAndroid端末への搭載を目指しています。)

f:id:gsweets:20211009111806j:image

ところで、マイナンバーカードは身分証明書のほかに実は①社会保証②税金③災害対策の分野においてその活用が広く期待されるものなのです。

例えばマイナンバーカードがもっと整備されていればコロナ渦での100,000円の定額給付金ももっとスムーズに配布されていたはずと言われています。

そういえば、マイナンバーカードの申請ですが、郵送による申請、携帯による申請、パソコンからの申請、街の証明写真機からの申請があるので詳しい方法は「マイナンバーカード 申請」とでも検索してみてください。

ちなみに2021年5月現在で交付率は未だ30%にすぎません。こんなに便利なカード、取得するにこしたことはありません。

f:id:gsweets:20211009111945j:image

最後にマイポータルについてお話しておきます。マイポータルとは政府がオンライン申請についてまとめたWebサイトです。

自分自身の情報について行政側がどのようなデータを保有し、どのようにやりとりされているかがわかるサイトです。

それに加え、地域や興味のジャンルを指定すると今すべき申請や届出をリストアップしてくれます。

例えば妊婦の届け出であればブラウザーから氏名などを入力しプリンターで申請書類が印刷できるので窓口手続きがスムーズに。

他にも予防接種のお知らせがメールで届いたり、税金などの個人情報も見ることができます。

パソコンとカードをつなぐためのカードリーダーが必要になるのがネックですがスマートフォンマイナンバーカードが一元化できるようになるともっと便利になることでしょう。

f:id:gsweets:20211009112027j:image

以上のようにマイナンバーカードはメリットだらけ。何度も言いますが、作っておくにこしたことがないと思います。カードに色々な機能が集約されると多くのカードを持つ必要がなくなりこのカード1枚でお財布もより薄くなるでしょう。

また、オンラインでの手続きにおけるマイページへのログインなどにも利用できるので更に便利といえます。作るのに少しの手間はかかりますが、それ以上に多くの利益がある素晴らしいカードだということを覚えておいて下さいね。